裁判手続

裁判も視野に入れたトラブル相手方への内容証明などによる請求

請求額140万円を超えない代理・示談交渉

請求額140万円を超える裁判所提出書類作成など
代理人を立てない裁判のお手伝い

トラブルが起きてしまったときには、感情コントロールも必要です。

相手方への要求を整理するところから法律適用によって請求できるものを依頼された方と一緒に考えます。